ホンダ N-ONE《撮影 太宰吉崇》

ホンダ『N-ONE』のデザインのこだわりのひとつに、スタンスの良さがあるという。

そう話すのは、本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン開発室1スタジオの石川孝夫さん。「タイヤを四隅に配置することはもともとやっていましたので、あとは、いかに幅方向でフェンダーを出して見せるかというのは、モデラーの腕でした」と述べる。

サイドのガラス面は内側へ入れないようにした。それは、「居住空間はしっかりとしたクルマでないといけないのです。つまり、スモールカーからのダウンサイザーも納得してもらわなければいけないからです」。そこで、「(ウインドウではなく)キャラクターラインの下を内側に一度入れてからその下で(外側へ)出すようにしました。それとちょっとした面の張りにこだわっています」と説明する。

「単純にプレーンな面にしてしまうと、可愛いだけのクルマになってしまいますので、一部の女性は気に入るでしょうが、大人の男性が見た時にちょっと乗りにくいなとなってしまいます。実は、一番こだわったところでもあります」と語った。

ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》 ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》 ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》 ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》 ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》 ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》 ホンダ N-ONE《撮影 太宰吉崇》 ホンダ N-ONE《撮影 太宰吉崇》 ホンダ N-ONE《撮影 太宰吉崇》 ホンダ N-ONE《撮影 太宰吉崇》 ホンダ N-ONE《撮影 太宰吉崇》