アジア・パシフィック日産自動車の木村隆之社長《撮影 池原照雄》

アジア・パシフィック日産自動車の木村隆之社長は11月6日、バンコク市の本社で取材に対し、ASEAN地域での2016年度までの中期販売目標は「足元、オンラインで進んでいる」と、達成への自信を表明した。

日産は同年度までの中期6か年計画で地域ごとの販売拡大目標を掲げており、ASEAN地域では10年度実績の3倍強に当たる年50万台に拡大する方針。木村社長は「アグレッシブな数値だが、生産体制などこの地域でのプレゼンスは段々と高まっている」と、進捗状況を評価した。

中期計画では、現在年40万台となっている域内での生産能力を70万台(域外への輸出分含む)に拡充する方針で、先週には中核となるタイ第2工場の新設を発表した。インドネシアで進んでいる能力増計画と合わせ、16年度までに供給態勢を整える。

販売面では14年から、ロシアなどとともにインドネシアに「ダットサン」ブランドを導入する。木村社長は同ブランドの販売網について、「少なくともインドネシアでは全く別にする必要はないのではと考えている」と述べ、既存の販売網での扱いを中心に構築する意向を示した。

アジア・パシフィック日産自動車の木村隆之社長《撮影 池原照雄》 日産、新ダットサンロゴ 日産パワー88(資料映像) 日産パワー88(資料映像)