トヨタ・アクア《撮影 宮崎壮人》

日本自動車販売協会連合会が発表した10月の新車乗用車の車名別販売台数ランキングによると、トヨタ『アクア』が2万4192台で初のトップとなった。

2011年6月以来、16か月間トップを守ってきたトヨタ『プリウス』は2位に転落、3位は前月同様、日産『ノート』となった。そのほかでは、5位にトヨタ『スペイド』、10位にホンダ『フリード』がランクインした。

10月の新車乗用車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。

1位:アクア 2万4192台
2位:プリウス 1万8116台(38.9%減)
3位:ノート 1万0007台(182.9%増)
4位:フィット 9318台(58.3%減)
5位:スペイド 6180台
6位:カローラ 5973台(19.7%減)
7位:ヴィッツ 5359台(46.5%減)
8位:インプレッサ 5200台(202.1%増)
9位:セレナ 4970台(21.8%減)
10位:フリード 4591台(3.6%減)

トヨタ・プリウス