トヨタ アクア≪撮影 小松哲也≫

全体相場は続落。

米大統領選控えで見送りムードが強い中、ドル・円相場が1ドル=80円を割り込んだことから輸出関連株を中心に売りが先行する展開。

平均株価は前日比32円29銭安の8975円15銭と続落し、1日以来3営業日ぶりに9000円台を割り込んだ。

円高に加え、10月の中国新車販売の減少幅拡大が重しとなり、自動車株は全面安。

日産自動車が14円安の677円と反落。同社は大引け後の決算発表で、2013年3月期の連結経常利益を従来予想の6800億円から5450億円に下方修正している。

ホンダも26円安の2471円と反落。

三菱自動車が続落し、いすゞ、ダイハツ工業、日野自動車、富士重工がさえない。

全面高の中、トヨタ自動車が30円高の3240円と5日続伸。前日大引け後に今期業績を上方修正。大手外資系証券では目標株価を4240円に引き上げており、日産と明暗を分ける格好となった。

スズキも12円高の1847円と続伸。

こうした中、マツダが106円で変わらず。

日産ティーダ新型中国仕様