テスラ・モデルSとロードスター

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズは11月5日、2012年第3四半期(7‐9月)の決算を開示した。

同社の発表によると、売上高は前年同期比13%減の5010万4000ドル(約40億円)。最終損益は、1億1080万4000ドル(約89億円)の赤字を計上した。前年同期の6507万8000ドルの赤字から、赤字幅は1.7倍に拡大する。

同社によると、売上高の減少の大きな要因が、他社からの開発受託による収入が減ったこと。また、赤字拡大の大きな要因は、『モデルX』など、今後発売予定の新型EVの研究開発費用の増大だ。

しかし、同社は2012年6月下旬、米国で新型EVの『モデルS』を発売。第3四半期は、モデルSが253台、『ロードスター』が68台の合計321台を売り上げ、新車販売は前年同期に対して16%増加している。

テスラ・モデルX テスラ・モデルX