住友商事・南アフリカ風力発電事業

住友商事は、南アフリカにおける風力発電事業について、同社現地法人を通じて、長期売電契約を正式調印したことを発表した。

同社は2011年12月、100MWの風力発電事業について南アフリカ政府より優先契約交渉権を獲得。11月5日、同社が60パーセント出資する現地法人「ドーパー ウインド ファーム(DWF)」を通じ、国営電力会社であるEskom社とエネルギー省の支払い保証付きの売電契約を正式に調印した。同国が初めて認可した大規模再生可能エネルギーIPP(独立発電事業者)の1社となる。

また、総額約140億円の南アフリカランド建プロジェクトファイナンスベースの融資関連契約を、南アフリカの大手地場銀行2行および三井住友銀行と締結。うち約120億円の融資はドイツの輸出信用機関であるEuler Hermesの保険が付保されている。

同事業は、DWFが20年間にわたりEskomに対し電力を販売する総事業費約200億円のプロジェクト。独Nordex製2.5MW風力タービン40基を採用し、漸次建設を進め2014年7月に完工・商業運転開始を目指す。運転開始後は約8万世帯に電力を供給する。

住友商事(webサイト)