E6系車両につくシンボルマーク

JR東日本の秋田新幹線東京〜秋田間で、2013年3月からE6系車両による新列車が最高速度300km/hで運転される。その名称が『スーパーこまち』となることが決定した。

スーパーこまちは、東北・秋田新幹線に4編成が投入され、東京〜秋田間で4往復運転。最高速度300km/hで運転され、東京と秋田の間を(現状より5分短縮されて)3時間45分で結ぶ予定。

また、E6系車両は、2014年春までに24編成が導入される予定。