3日午前0時45分ごろ、東京都大田区内の都道を走行中のバイクが転倒。運転していた31歳の男性が死亡する事故が起きた。このバイクは事故の直前まで速度超過違反で覆面パトカーの追跡を受けていたという。

警視庁・第2方面交通機動隊、東京湾岸署によると、現場は大田区城南島3丁目付近。バイクは高速度で走行中にバランスを崩して転倒したものとみられる。

運転していた神奈川県相模原市内に在住する31歳の男性は胸部などを強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡した。

このバイクは事故の直前、約2km離れた地点を100km/h(制限速度40km/h超過状態)で走行。速度違反の取締りを行っていた交通機動隊の捜査車両(覆面パトカー)が発見し、停止を呼びかけたが、これを振り切って逃走していた。パトカーはサイレンと赤色灯を使用した緊急走行状態で追跡を開始したが、他の車両に行く手を阻まれたため、約1kmで追跡を打ち切っていたという。

警察では男性が高速度を維持したまま逃走を続けたものの、前走車を追い抜かそうとしてバランスを崩して転倒した可能性が考えられるとして、事故発生の経緯を詳しく調べている。