KG-DWN-2004/6鉱区ロケーション

国際石油開発帝石は、同社子会社を通じて、インド・ベンガル湾深海域に位置する探鉱鉱区、KG-DWN-2004/6鉱区の26%権益をインド石油天然ガス公社(ONGC社)より取得することで合意したと発表した。

今回の参画は、2008年の経営統合以降、同社がインドにおいて手掛ける初のプロジェクトとなる。

同鉱区は、インド共和国東南部チェンナイ市の東方約700kmの沖合に位置し、水深は約3000m、鉱区面積は1万0907平方km。同鉱区が位置するクリシュナ・ゴダバリ盆地の超大水深域は、大規模な石油・天然ガスの埋蔵量の発見が期待できる有望な鉱区。インド周辺地域で積極的な石油・天然ガス事業を推進するONGC社がオペレーターとして事業を主導しており、既に地震探鉱のデータ収録作業が行われ、まもなく試掘井を掘削する予定となっている。

今回の権益取得により、同鉱区の権益比率はONGC社(オペレーター)が34%、国際石油開発帝石子会社のインペックス東インド沖石油が26%。その他、インド国営ガス会社のゲイル社10%、クジャラート州公営石油ガス開発会社のクジャラート・ステイト・ペトロリウム社10%、インド国営石油精製会社のヒンダスタン・ペトロリウム社10%、インド国営石油開発会社のオイル・インディア社10%となる。

KG-DWN-2004/6鉱区概要