トヨタの米国主力車、新型カムリ

全体相場は4日ぶりに反落。

米大統領選などを控えて、模様眺めムードが支配的。方向感に乏しく、引けにかけてアジア市場の下落を嫌気した利益確定売りが優勢な展開となった。

平均株価は前週末比43円78銭安の9007円44銭と反落。かろうじて、9000円台を保って引けた。

自動車株は全面高。

トヨタ自動車が70円高の3210円と4日続伸。業績の増額修正を期待する買いが入った格好。引け後の決算発表では、2013年3月期の営業利益見通しを1兆500億円(従来予想1兆円)に上方修正している。

ホンダが30円高の2497円、日産自動車が5円高の691円と続伸。

スズキが反発し、いすゞ、ダイハツ工業、日野自動車、富士重工がしっかり。

全面高の中、マツダが1円安の106円と小反落。

三菱自動車もさえない。

トヨタ・レイツ(日本名:マークX)