SLカートミーティング(参考画像)

SLカートスポーツ機構とツインリンクもてぎは、2013年11月9日から10日、ツインリンクもてぎ 北ショートコースにて、「2013年 第37回TOYOTA SLカートミーティング全国大会」を開催すると発表した。

SLカートミーティングはヤマハKT100シリーズエンジンによるワンメイクレースで、ツインリンクもてぎをはじめ、全国約40か所のカートコースにて各地方シリーズを開催。小学2年生から参加できるカデットオープンクラスから、30歳以上の大人を対象としたスーパーSSクラスまで、年齢別・技量別にさまざまなクラスが設けられている。

ローコストで楽しめるため、アマチュアドライバーを中心に根強い人気を持ち、フォーミュラ・ニッポン、スーパーGTで活躍するカート出身ドライバーも、大半がアマチュア時代にこのSLレースを経験。F1日本GPで表彰台に登った小林可夢偉選手も出身ドライバーの一人。

毎年秋に開催される「SLカートミーティング全国大会」は日本一決定戦で、1977年にスタート、2013年大会で37回目の開催となる。同大会は、TOYOTA/YAMAHAスカラシップ制度により、上位入賞者には全日本選手権などへのステップアップがサポートされる。

ツインリンクもてぎ