ラリーニッポン2012

今年で4回目を迎えるクラシックカーラリーイベント「ラリーニッポン 2012」が11月3日午前9時、京都・上賀茂神社を出発した。

ラリーニッポンは、4日間をかけて近畿、北陸、関東の1都1府8県、約1000キロの道のりを走行するクラシックカーラリー。各地で多くの観光客や地域の人々と触れ合いながらゴールである東京・靖国神社を目指す。今年度の参加車両は約80台。ゴール予定は11月6日14時前後。

スタート地点の上賀茂神社境内には、色とりどりの名車が並び、集まった子ども達やカメラ片手のマニアが熱心に撮影。初年度から参加している雅楽師の東儀秀樹氏は、初めての車での参加となったが、リラックスした笑顔で見送るファンや観客の声援にこたえて、次のポイントである東福寺に向かって出発していった。

2009年に始ったラリーニッポンは、日本中に点在する世界遺産や文化遺産を、人間の生み出した技術遺産ともいえるクラシックカーでつないで、歴史や文化、日本の美しさを国内外に発信することを目的としたイベント。2011年度より観光庁の後援も受けている。4回目を迎える今年は、初の試みとして過去3回と逆のコースとなる京都をスタート地点とし、東京へ約1000kmの道のりを走行する。

2日目となる11月4日には、福井県福井市の一乗谷朝倉氏遺跡の広大な芝生にて、参加車両が一同に整列し、最も輝いている車を選ぶ「ラリーニッポン the Most Splendid Entry 2012」を開催。人気投票はラリーニッポンのオフィシャルファンサイトでも展開し、クラシックカーの希少性や美しさ、オリジナル性の高さなどを楽しむことができる初の試みとなる。

ラリーニッポン2012 ラリーニッポン2012 ラリーニッポン2012