ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》

ホンダ『N-ONE』のインテリアは、これまでの軽にはない新しい世界観を表現しているという。

「お金をかけて、新しいオーディオを作ることで、新しい世界観を表現することが出来たと思います」と述べるのは、本田技術研究所四輪開発センターデザイン開発室第1ブロックの金山慎一郎さん。これは、「今までとは違う軽を作りたかったというのが本質でありました」という。

具体的には、「インパネの造形は、中央あたりにボリュームゾーンが出るのが普通です。その一番の原因は、オーディオの位置です」。そこで、「オーディオを新しくすることで真ん中が出っ張らないようにすると、一気にスカッとした新しい造形が出来ました」

もうひとつこのボリュームゾーンを無くしたい理由として金山さんは、「(ボリュームゾーンがあると)ドライバーとアシスタントの境界という感じも出てしまいます。そういうものを取り去りたいという思いもありました」。そして、「その感じを払拭することで、広さ感が出て、今までの軽にはないような雰囲気が作ることが出来たと思います」と語った。

ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》 ホンダ・N-ONEでメーカーオプションとして装着されるディスプレイオーディオ ホンダ・N-ONE ホンダ N-ONE《撮影 太宰吉崇》 ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》