「ZNET TOWN(ゼットネット タウン)mobile」など、ゼンリン住宅地図ネット配信サービスについてのデモを行ったゼンリンのブース

住宅地図の最大手ゼンリンは、千葉市・幕張メッセで10月24日〜26日まで「2012 Japan IT Week 秋」内で開催された「スマートフォン&モバイルEXPO」に出展。「ZNET TOWN(ゼットネット タウン)mobile」など、ゼンリン住宅地図ネット配信サービスについてのデモを行った。

「ZNET TOWN mobile」は、これまで同社が蓄積てきたデータベースを、導入したその日からモバイル端末で簡単・スピーディーに閲覧できるサービス。スマホでも直感的に使えるインターフェイスを実現できており、マルチタッチ操作で地図の拡大縮小やスクロールもスムーズに行えるのを特徴としている。また、会場では提供先のWebアプリケーションに組み込む「ZNET TOWN(ゼットネット タウン)mobileAPI」も紹介された。

これらは主としてシステム全体で導入する企業向けツールとして開発されたものだが、一般ユーザーが使えそうなアプリとして興味深かったのはスマートフォン版「ゼンリン住宅地図・配送パック」および「同・建設パック」。こちらも主として配送業や建設業などビジネス向けアプリではあるが、月額2100円で利用でき、一般ユーザーでも利用できる。

「宅配パック」は、GPS機能と連動して現在地から半径500メートル以内の会社名や表札情報を検索でき、近い順に最大5件までを地図上に表示可能。1件ごとに詳細情報がチェック可能な「周辺表札検索機能」も利用できる。

「建設パック」では建設現場の資材置場や重機車両の停車場所などに関する正確な位置情報を共有できるのが最大の特徴。最大5個までの位置を地図上に指定してメールで送信でき、会員はアプリの地図上で、非会員は同社が用意した道路地図上で確認できる。

「ZNET TOWN mobile」と同様、いずれもスマートフォンならではの直感的な使いやすさが特徴。地図のスクロールや拡大/縮小、検索はフリーワードや住所一覧から探せ、建物のテナント情報やお気に入り地点の確認などがでできる。ただし、ルート案内は行えず、カーナビアプリ等との連携にも非対応。

ドコモ向けには10月1日よりすでに配信が始まっており、KDDI(au)およびソフトバンクモバイル向けには11月の開始を予定する。

「ZNET TOWN mobile」の機能を解説するパネル。タブレットを使ったデモも行われた 「ZNET TOWN mobile API」を組み込むメリットを説明したパネル スマホ版住宅地図「配送パック」「建設パック」を説明したパネル スマホ版住宅地図のデモは、2台のアンドロイド端末を使って行われた 目的の施設はカーナビと同じ感覚で探せる。これは住所検索で探す画面 建物内のテナント情報を表示でき、地下街などでもその位置が絞り込める 住宅地図を広域で表示。「+」「−」で自在にスケールを変えられる 最詳細まで拡大した住宅地図。スクロールも自在に行える 配送パックに搭載される「表札検索」。検索結果を半径500m以内から検索でき、地図上だけでなく、1件ごとに詳細情報もチェックできる 建設パックに搭載される「指定場所共有機能」では、位置登録した場所の地図をメールで送信可能 建設パックに搭載される「指定場所共有機能」。30種類のアイコンを最大5個まで、建物形状や表札名称を確認しながら正確に位置登録できる