シボレー・ソニック《撮影 池田忍》

丸型独立4灯ヘッドランプや室内のメーターは、バイクのイメージだという。コンパクトカーとしてもかなり元気のよさそうなルックスから、どんな走りなのか、想像できなかった。

が、乗ってみると、しっかり乗用車然としていた。とくに、路面のショックを伝えない厚みのある乗り味は、サイズ以上の心地よさだ。また1.6リットルエンジンの出力を伝える6速ATも、スッスッスッと、ショックや繋ぎ目を感じさせずに仕事をこなす。

適度な重さを保つステアリングにも安心感がある。要するに、自動車として実によくできているし、理屈抜きで人に心地いい乗り味になっている点は、さすがボウタイエンブレムが付くシボレー車らしいところだ、と思った。

1525mmの全高と2525mmのホイールベースが効いて、室内空間のゆとりもある。とくに後席は足元も十分だし、クラス最大級なのでは!? と思えるドアの開口部の大きさのため、体格のいい乗員でも楽に乗り降りできる。ありふれたコンパクトカーでは満足できない…そんなユーザーに案外、おあつらえ向きかも。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

シボレー・ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー・ソニック《撮影 太宰吉崇》 シボレー・ソニック《撮影 池田忍》 シボレー・ソニック《撮影 太宰吉崇》 シボレー・ソニック