ロータス・101《撮影 内田俊一》

11月3日、富士スピードウェイ(静岡県駿東郡)において、3回目となる“JAPAN LOTUS DAY2012”が開催された。主催は、エルシーアイ株式会社。

2009年にディーラーからの要望に応えるかたちで初回を開催。今年で3回目を迎えるこのロータスのイベントには、700台以上のロータスが集合した。そのレパートリーは、1954年の『MARK8』から最新モデルまで多岐にわたり、さらには、10台のF1がエントリー。そのうちの9台が富士スピードウェイを駆け抜けた。

当日は、曇り空の中、多くの参加者や見学者が早朝から富士スピードウェイに集まり、そのパドックは見渡す限りロータスで埋め尽くされた。その内容は、オーナー向けのサーキット走行から、同乗走行。また、ステージではカルトクイズやトークショーなども行われ、参加者全員が楽しんだ。

そして、今回のメインイベントであるヒストリックF1スペシャルランでは、1973年のイタリアグランプリでロニー・ピーターソンが優勝した『72E』や、グランドエフェクトを備えながらも、先進的すぎたためFIAによって出走が認められなかった『88』、そして、キャメルカラーで一世を風靡した、『101』など9台のF1マシンが出走し、大歓声を浴びていた。

また、当日はロータスの創設者コーリン・チャップマンの長男であるクライブ・チャップマンが来日し、イベントに花を添えていた

JAPAN LOTUS DAY2012開催《撮影 内田俊一》 アイルトン・セナが駆ったロータス・97T《撮影 内田俊一》 奥はロニー・ピーターソンがドライブしたロータス・72E。手前は実践に投入できなかったロータス・88B《撮影 内田俊一》 キャメルカラーも眩しいロータス・101《撮影 内田俊一》 ロータス・78とロータス・79のバトル《撮影 内田俊一》 JPSカラーを纏ったロータス・78《撮影 内田俊一》 ロータス・Mark8《撮影 内田俊一》 コンクール・デレガンスで、オリジナル性が高いとクライブ・チャップマン賞を受賞したロータス・7《撮影 内田俊一》 ゴールド・リーフカラーのロータス・47GT(手前)とコルチナ・ロータス(奥)《撮影 内田俊一》 ロータス・ヨーロッパ達が本コースへと向かう。《撮影 内田俊一》 ロータス・エランも大集合《撮影 内田俊一》 疾走するロータス・エスプリターボSE《撮影 内田俊一》 ロータス・エリーゼ《撮影 内田俊一》 ロータス・ヨーロッパ達《撮影 内田俊一》 日本ジムカーナ選手権に出場している柴田優作選手が、自らのマシン「ADVAN ペトロナス EXIGE」でジムカーナ同乗走行を実施。《撮影 内田俊一》 コーリン・チャップマンの長男である、クライブ・チャップマン氏も来日。《撮影 内田俊一》 JAPAN LOTUS DAY2012開催《撮影 内田俊一》