セバスチャン・ベッテル(レッドブル)(参考画像)

アブダビGP予選結果から、3番手を獲得していたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)の除外が決定した。

レーススチュワードの調査によると、ベッテルのマシンはパルクフェルメまで戻るだけの燃料を搭載していなかった。予選走行中、ベッテルはQ3の途中でコース上で停止。これはエンジンサプライヤーのルノーの助言に基づくチームからの無線指示によるものだった。

審議は長時間におよび、FIAスチュワードはベッテルの停止が「不可抗力によるもの」であることは受け入れたが、予選後車検のための燃料サンプル1リットルを残していない点が問われた格好だ。

レッドブルチーム代表クリスチャン・ホーナーのコメントだ。

「Q3最終ラン後の減速ラップで、ルノー側から燃料システムの問題があるのでセバスチャンのマシンを直ちにコース上で停止させるようにとの指示があった」

「スチュワード側は状況がテクニカルな理由による不可抗力であったという説明は受け入れてくれたが、他方理由はまだ明らかではないが予選後車検に必要な1リットルに対し850mlの燃料しか採取することができなかった」

「セバスチャンの失格が言い渡されたので、われわれは調査のためセバスチャンのマシンをパルクフェルメから撤去する予定だ。したがってセバスチャンはピットレーンからスタートするだろう。今後はマーク・ウェーバーのフロントロウのポジションを最大限に活用することに注力する」

セバスチャン・ベッテル(レッドブル)(参考画像) セバスチャン・ベッテル(レッドブル)(参考画像) セバスチャン・ベッテル(レッドブル)(参考画像)