スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》

スーパー耐久第5戦は、ロードレースでは初めて、1時間×2レースでの開催となった。

第1レースの#28 PETRONAS SLSのレスタがいきなり2台をパスしスタートダッシュ。#1 PETRONAS SLSの谷口に迫るが、谷口もレスタを寄せ付けない。レスタはスタートでの違反によりドライビングスルーペナルティを命じられてしまい、3番手へと後退。

その直後、1コーナーでエンジントラブルに見舞われた車両がオイルをまき散らし、乗ってレイジュンZ33リールの中島修がクラッシュし、赤旗に。このアクシデントにより、スチュワードは第1レースを約20分・9周での終了することを早々に決めた。

優勝は#1 PETRONAS SLSが獲得し、2位はスリーボンドGT-Rが獲得。ST-1クラスはDIAMANGO BMW Z4、ST-2クラスはRSオガワADVANランサーの阪口良平が優勝。ST-3クラスではassetテクノZ34の前嶋秀司、ST-4クラスはリジカラS2000の松井猛敏、ST-5クラスではエンドレスアドバンCyber Formula SINヴィッツの山本幸彦がトップでチェッカーを受けた。

なお、このレースでクラッシュした中嶋修は直ちにヘリコプターで病院へ搬送されたが、脳挫傷により死亡が確認された。関係者にとっても大きなショックを与えたレースとなってしまった。

続いてスタートした第2レースは、ポールから飛び出した#28 PETRONAS SLSがスムーズなスタート。#1 PETRONAS SLSの谷口らが圧力をかけ続けるが、屈することなく最後までトップを保ってフィニッシュした。第2レースで2位となった#1 PETRONAS SLSは、本戦でチャンピオン決定となった。

ST-1クラスは、DIAMANGO BMW Z4とENDLESS ADVAN 380RS-Cの対決。1度はZ4がトップに立つが、中盤でENDLESS ADVAN 380RS-Cがトップを奪い返して立ってそのまま逃げ切った。ST-2クラスはRSオガワADVANランサー、ST-3クラスはPETRONAS TWS GS350、ST-4クラスはGPO+KOTA RACING、ST-5クラスはエンドレスアドバントラストヴィッツがそれぞれ制した。

スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》 スーパー耐久 第5戦《撮影 益田和久》