レクサス LS600h Fスポーツ《撮影 瓜生洋明》

マイナーチェンジならぬ“メジャーチェンジ”を果たした『LS600h』に新設定された『F SPORT』の走りは、極上の速さとスムースさを見せつける。

コンソールの『ドライブモードセレクト』のSPORT+は、もっともヤル気モード。確認のためアクセルを強めに踏み込むと、5リットルV8エンジン+モーターの異次元な加速に見舞われる。が、決してテールが沈み込むような素振りはなく、ボディはあくまでフラットなまま。心地いいエンジン音を小さく聞かせ、クルマは涼しい顔のまま、俊足振りを披露する。

ちなみに100km/hは8速で1000rpm少々。息を潜めているかのようだ。

対してECOモードでは、さすがにパワーの絞られ感などを実感。けれどCONFORT、NOMALモードでは、通常走行時に、何かに不満を感じることは恐らくない。

『アクティブスタビライザー』が付くのを復習で知ったが、快適な乗り味は確保しつつ、コーナリング、加減速時、高速巡航中の車線変更等、ボディの無駄な挙動が抑えられるので、大柄なクルマながら、動きが素直で自然なのが感じられた。

一方でLS600hL EXECUTIVE package(4人乗り)で試した19インチの『ノイズリダクションアルミホイール』は、LSのような静か過ぎるクルマにこそ活きるアイデア。目地などを通過した際、タイヤが叩かれて起こる気柱共鳴をしっかりと制圧。タン!と軽い手応えは感じても、パカン!といった音が消されていた。

「スピンドルグリル』」、内部がメッシュのF SPORTではさすがに迫力があり、息を飲む。他グレードのメッキの横バーとの組み合わせも悪くないし、LSのスタイル自体は毅然とした佇まいで、レクサス車のイメージリーダーとして未だ見応えがあり、色褪せてないと思う。Lの字が重なって点灯するテールランプは美しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

レクサス LS600h Fスポーツ《撮影 瓜生洋明》 レクサス LS600h Fスポーツ《撮影 瓜生洋明》 レクサス LS600h Fスポーツ《撮影 瓜生洋明》 レクサス LS600h Fスポーツ《撮影 瓜生洋明》 レクサス LS600h Fスポーツ《撮影 瓜生洋明》 レクサス LS600h Fスポーツ《撮影 瓜生洋明》 レクサス LS600h Fスポーツ《撮影 瓜生洋明》 レクサス LS600h Fスポーツ《撮影 瓜生洋明》 レクサス LS600h Fスポーツ《撮影 瓜生洋明》 レクサス LS600h Fスポーツ《撮影 瓜生洋明》 レクサス LS600h Fスポーツ《撮影 瓜生洋明》