タイで生産されている日産アルメーラ(参考画像)

日産自動車は2日、タイに第2生産工場を建設すると発表した。投資額は110億タイバーツ(3.58億米ドル:およそ287億円)、新工場は2014年8月に稼働開始予定。将来的にタイにおける生産能力は、新工場と既存工場と合わせて年間37万台となる。

現在日産は、サムットプラカーン県バングナ・トラットロードに、乗用車とピックアップトラックの生産工場を持つ。同工場の従業員数は6000名で年間生産能力は22万台。新工場は、既存工場を補完するもので当初の年間生産能力は7万5000台、将来的には最大で15万台となる予定。

新しい工場は、既存工場と同じバングナ・トラットロードに建設され、タイ国内や海外市場における需要に応える。

日産の西川廣人副社長は「15万台の生産能力の追加は、タイ国内市場において競争力を高めることができるだけではなく、日産にとってグローバルでの主要な戦略的輸出拠点というタイの位置づけを確実にすることができます」とコメント。

タイ日産の木村隆之社長は「今回の投資は、タイ日産の中期経営計画『パワーアップ2016』における目標を達成する上で重要なものとなるでしょう。同計画では2016年までに、タイ国内の市場シェアを15%獲得することを目指しています」と述べている。

日産、タイに新工場を建設…287億円投資で生産能力37万台に タイで生産されている日産アルメーラ(参考画像) 日産 マーチ