ホンダ・N BOX(参考画像)《撮影 雪岡直樹》

日本自動車研究者・ジャーナリスト会議による「2013年次RJCカーオブザイヤー」候補となる6ベストが決定した。第1次開票が11月1日に行なわれ、国産、輸入車、テクノロジー部門の6ベストがそれぞれ決定した。

今後、第1次選考で選ばれたベスト6の中から各最優秀賞を決定する。なお、2012次RJCカーオブザイヤーは日産『リーフ』が選ばれている。

2013年次RJCカーオブザイヤー6ベスト
●本田技研工業:『N BOX』/『N BOX+(プラス)』
●マツダ:『CX-5』
●三菱自動車工業:『ミラージュ』
●日産自動車『ノート』
●スズキ『ワゴンR』
●トヨタ自動車『アクア』

2013年次RJCカーオブザイヤー・インポート6ベスト
●アルファロメオ:『ジュリエッタ』
●アウディ:『A4』/『S4』
●BMW:『3シリーズ』
●シトロエン:『DS5』
●メルセデスベンツ:『Bクラス』
●フォルクスワーゲン:『up!』

2013年次RJCテクノロジーオブザイヤー6ベスト
●技術名:搭載車両名
●軽量・高効率を追求した新設計ボディ製造技術:ホンダ『N BOX』/『N BOX+(プラス)』
●SKYACTIV-D:マツダ『CX-5』
●エコスーパーチャージャー:日産『ノート』
●スズキグリーンテクノロジー:スズキ『ワゴンR』
●プリウスPHV用プラグインハイブリッドシステム:トヨタ『プリウスPHV』
●シティエマージェンシーブレーキ:VW『up!』

マツダ・CX-5 三菱・ミラージュ(参考画像)《撮影 太宰吉崇》 日産 ノート X DIG-S 《撮影 太宰吉崇》 スズキ・ワゴンR FX トヨタ・アクア《撮影 宮崎壮人》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アウディA4 新型BMW 3シリーズセダン シトロエン DS5 メルセデス・ベンツ/B180ブルーエフィシエンシー(参考画像)《撮影 野口岳彦》 VW up! 《撮影 太宰吉崇》