三菱・アウトランダー《映像提供 三菱自動車工業》

三菱『アウトランダー』のデザインキーワードは “メタルコクーン”、金属でできたまゆだという。

そう述べるのは三菱自動車工業デザイン本部デザイン部エキスパート(デザイン担当)の金澤秀晃さん。「SUVというクルマは日常から離れて色々な夢を語るクルマです。そのうえで、(新型では)目的地までの往復を安全確実にフォローしながら、(先代の)3列シートを継承して、究極のエアロルックを身にまとうという、世界唯一究極のSUVってなんだろうと考えました」という。

その結果金澤さんは、「ドライバーを安全確実に守るということを発想すると、柔らかいように見えて、シェル状でしっかりとしていて硬い。そして、すっきりしていてシンプルな形。そこから、抽象的なイメージとして、まゆのようなカプセル的なモノにたどり着きました」と述べる。

そして、「(まゆのようなカプセルは)あまり妙なキャラクターがなくすっきりしています。そんな形はどういうものだろうと初期の頃に議論し、そこからブレークダウンしていったのです」と語った。

三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》