日本アジアグループ・坂出ソーラーウェイ

日本アジアグループは、香川県坂出市において塩田跡地(総社塩産所有)を活用したメガソーラー発電所、坂出ソーラーウェイを完成させた。

坂出ソーラーウェイは、今年7月の再生可能エネルギーの固定価格買取制度施行後、香川県初、四国最大級のメガソーラー発電所になる。

瀬戸内海に面した塩田跡地を活用し、総事業費約6億円、出力約2MW、一般家庭の約600世帯に相当する規模の太陽光発電所になる。パネルは高い実発電量を持つソーラーフロンティア製のCIS太陽電池モジュールを採用。発電した電力は四国電力に売電する。

日本アジアグループ・坂出ソーラーウェイ