低燃費化のため最も効率的な投資はエコタイヤ…ランクセス

ランクセスは、エコタイヤの装着が自動車走行時のコスト削減と環境保護で最も効率的な方法の1つである、との調査結果を発表した。

ランクセスがミュンヘン工科大学に委託して行った調査で明らかになった。

今回実施した調査では、最適化された転がり抵抗が、自動車の燃料コストを大幅に削減することが示された。例えば、100km当たり6Lの燃料を消費し、1L当たり1.40ユーロの燃料価格で年間1万2500kmの距離を走行する自動車の場合、エコタイヤを装着することで最大で年間100ユーロを節約することができる。

自動アイドリングストップシステムは、エコタイヤとほぼ同じ6%の燃料使用量を削減できるが、同技術を購入し装備するには、エコタイヤに切り替えるよりもコストが高い。エコタイヤは、平均2万km走行後に燃費改善投資コストを回収ができるのに対して、自動アイドリングストップシステムの場合は、投資コストを回収するのに6万kmの走行が必要。

また、エコタイヤは、エコ投資回収率でも優れている。1ユーロの投資につき、4.7kgの二酸化炭素排出量を削減できる。効率値は、自動アイドリングストップシステムより50%、ハイブリッド駆動より150%高くなるとしている。

この科学的調査は、11月1日から施行されるEUの新しいタイヤラベリング制度の義務化が機に実施された。この制度によって生産された全ての新タイヤに、転がり抵抗(燃費)とウエットグリップ(安全性)の両性能についてA(最上級)からG(最下級)までの等級付けで表示され、走行時の騒音量についても明示される。

ランクセスの経営委員会メンバーであるヴェルナ・ブロイヤス氏は「ランクセスの革新的なゴムは、低転がり抵抗および低燃費タイヤを実現する上で、主要な役割を果たしている」とコメントしている。

ブリヂストン ECOPIA EP001S(参考画像)