日本国際工作機械見本市2012

「第26回日本国際工作機械見本市」(JIMTOF2012)が11月1日、東京ビッグサイトで開幕した。同見本市は欧州工作機械見本市(EMO)、米国国際工作機械見本市(IMTS)と並ぶ世界3大国際工作機械展の1つで、最新鋭の工作機械が展示されることから非常に注目されている。

特に今回は第1回目の1962年から数えて50周年目の節目に当たり、規模も大きく拡大。世界23カ国・地域から815社が出展した。出展物も工作機械をはじめ、鍛圧機械、特殊鋼工具、超硬工具、ダイヤモンド工具、研削砥石、歯車・歯車装置、油圧・空圧・水圧機器、精密測定機器、光学測定機器、その他工作機械に関連する技術など多岐にわたっている。

近年、アジアでも同様の展示会が増えているが、JIMTOFはそれらとは一線を画しているそうだ。というのも、アジアの展示会の多くが“安さ”を競い合う場になっているに対し、同見本市は新興国向けの機能限定機から高機能化された複合加工機まで、幅広い顧客ニーズに応える「統合生産技術の提案型展示会」となっているからだ。しかも、バラエティに富んだ新技術も多数発表されている。そのため、ここに来れば、求めている工作機械の情報を間違いなく見つけることができるといっていいほど。

主催者である日本工作機械工業会の横山元彦会長(ジェイテクト会長)は「JIMTOFは現時点で最高の工作機械、技術を披露する場になっている」と話し、先進的な生産財は絶えず必要とされていると工作機械の重要性を説いていた。

なお同見本市は11月6日まで開催され、入場料は当日3000円、前売(事前登録)1000円、学生無料となっている。

日本国際工作機械見本市2012日本工作機械工業会の横山元彦会長(ジェイテクト会長) 日本国際工作機械見本市2012 日本国際工作機械見本市2012 日本国際工作機械見本市2012 日本国際工作機械見本市2012