10月中旬に愛知県春日井市内で発生した死亡事故について、名古屋地検は「事故は運転者の脱法ハーブ摂取が原因で発生した」と判断。自動車運転過失致死容疑で送検されていた30歳の男を10月30日に危険運転致死罪で起訴した。

問題の事故は2012年10月10日の午前7時40分ごろ発生している。春日井市高森台4丁目付近市道(片側1車線の直線区間)で、自転車で横断歩道を渡っていた16歳の女子高校生に対し、交差進行してきた乗用車が衝突する事故が起きた。高校生は頭部を強打して同日深夜に死亡している。

クルマを運転していた同市内に在住する30歳の男は事故後に現場近くで大暴れするなどの異常行動を取っていたが、後の調べで「mam-2201」と呼ばれる脱法ハーブを摂取していたことが判明。本人も摂取を認め、「何かに追われていた」と供述していた。

男が摂取したハーブは大麻を大幅に上回る強烈な幻覚作用があり、警察は男を自動車運転過失致死容疑で送検したが、検察では「脱法ハーブの影響を受け、正常に運転ができなかった」と判断。危険運転致死罪で起訴した。