新型ホンダ アコード セダンのカスタマイズ車(SEMAショー12)

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは10月30日(日本時間10月31日未明)、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー12において、新型『アコード セダン』のカスタマイズ車を初公開した。

同車は、米国で発売されたばかりの新型『アコード セダン』をベースに、ホンダとDSO Eyewear、MAD Industriesの3社が共同でカスタマイズを施したモデル。ホワイトパールのボディカラーに、3M製のブルーのフィルムでコーディネートされたボンネットが斬新だ。

エアロパーツは、新型アコード用のホンダ純正カスタマイズパーツ、「Xパッケージ」を装着。Xパッケージは、前後バンパースポイラー、サイドスカート、トランクスポイラー、スポーツグリルなどをセットした内容で、全米のホンダディーラーで販売されている。

直噴2.4リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」エンジンには、デュアルエグゾーストやK&Nの高性能エアフィルターなどを装備。パワースペックは未公表だが、ノーマルの最大出力185psを若干上回るもよう。

足回りは、アイバッハ製スプリングにより、車高をローダウン。MGPのブレーキで強化された。ファルケン製の「AZENIS」タイヤは、255/35ZR20というワイドサイズ。インテリアは、「Katzkin」と呼ばれるレザー内装で、ブルーのトリムやアルミ製ペダルなども採用されている。

新型ホンダ アコード セダンのカスタマイズ車(SEMAショー12) 新型ホンダ アコード セダンのカスタマイズ車(SEMAショー12) 新型ホンダ アコード セダンのカスタマイズ車(SEMAショー12) 新型ホンダ アコード セダンのカスタマイズ車(SEMAショー12) 新型ホンダ アコード セダンのカスタマイズ車(SEMAショー12) 新型ホンダ アコード セダンのカスタマイズ車(SEMAショー12)