ポルシェ 911 GT3 RSR

ポルシェ『911』のレーシングカーで、世界のモータースポーツシーンで活躍する『911 GT3 RSR』。同車の次世代レーサーの開発が、2013年初頭から開始されることが判明した。

これは10月26日、ポルシェモータースポーツが明らかにしたもの。現行の911 GT3 RSRは、先代ポルシェ911(997型)がベース。2014年シーズンの実戦投入に向けて、新型ポルシェ911(991型)ベースの911 GT3 RSRの開発に2013年初頭から着手する、とアナウンスされたのだ。

現行の911 GT3 RSRは、多くのモータースポーツで活躍。米国では2005年、ALMS(アメリカン・ル・マン・シリーズ)に投入され、輝かしい戦績を残した。米国向けには2013年シーズンをもって、現行911 GT3 RSRの供給を終了。モータースポーツ関係者へのサポートは、引き続き行う。

新型ポルシェ911(991型)ベースの911 GT3 RSRの内容に関しては、現時点では公表されていない。997型と最新の991型との大きな違いが、100mm延長されたホイールベース。これは、主にポルシェのモータースポーツ部門からの要求による部分が大きいとされており、そのあたりが新型911 GT3 RSRの仕上がりにどのように反映されるのか、興味深いところ。

ポルシェのモータースポーツ部門のトップ、ハルトムート・クリステン氏は、「いよいよ新世代911 GT3 RSR開発の時が来た。我々の研究開発の成果を注ぎ込む」とコメントしている。

ポルシェ 911 GT3 RSR ポルシェ 911 GT3 RSR ポルシェ 911 GT3 RSR ポルシェ 911 GT3 RSR