スバル フォレスター 新型

スバル(富士重工)は11月1日、新型『フォレスター』を11月13日にワールドプレミアすると発表した。

新型は1997年に誕生した初代から数えて、4世代目。「SUVとしての本質的な価値の実現」をコンセプトに掲げ、走る、曲がる、止まるといった車の基本的な運動性能、安全性能、環境性能を追求している。

さらに、SUVならではの道具として使う楽しさ、ストレスなく自由な移動を可能にする走る楽しさを大幅に向上。スバルのグローバル戦略車として開発された。

新型のボディサイズは、全長4595×全幅1795×全高1695mm、ホイールベース2640mm。搭載エンジンは2.0リットル水平対向4気筒ガソリンで、自然吸気版が最大出力148ps、最大トルク20kgm、直噴ターボ版が最大出力280ps、最大トルク35.7kgmを発生する。

駆動方式は、スバル得意のシンメトリカルAWD。トランスミッションは、CVTの「リニアトロニック」を基本に、自然吸気版には6速MTも設定した。

なおスバルは、11月13日の正式発表に向けて、新型フォレスターのティーザーサイトを立ち上げ。新型に関する情報を発信していく。

スバル フォレスター 新型