GMの本社ビル(参考画像)

米国の自動車最大手、GM(ゼネラルモーターズ)は10月31日、2012年第3四半期(7-9月)の決算を明らかにした。

同社の発表によると、売上高は前年同期比2.4%増の376億ドル(約3兆0060億円)。純利益は14億8000万ドル(約1185億円)で、四半期としては11期連続で黒字を計上。しかし、前年同期の17億4000万ドルに対して、15%の減益となった。

減益となった大きな要因が、欧州事業の不振。欧州での長引く信用不安による新車販売の減少が、第3四半期の決算に影響した。GMによると、2012年は欧州で最大で18億ドル(約1440億円)の赤字になる公算だという。

2012年第3四半期の世界新車販売台数は、前年同期比1.6%増の228万1000台。市場別では、米国が1.7%増の65万2000台、中国を含めたアジア太平洋地域は、5.7%増の85万7000台だった。

GMのダン・アカーソン会長兼CEOは、「世界中でGM車が支持され、第3四半期も堅実な結果を残した。今後もシボレー、オペル、キャデラックなどの各ブランドへ、積極的に新型車を投入していく」と語っている。