ホンダ・N-ONE発表会《撮影 内田俊一》

ホンダは『N-ONE』を11月2日より発売を開始すると発表した。特徴はデザイン、走行性能、安全装備の充実である。

本田技研工業営業開発室商品企画担当の阪口泰介氏は、まずデザインについて、「ツートンカラーやディスプレイオーディオという独特のインパネを含めて、上質、本物感のあるエクステリアやインテリアを実現しました」という。

そして走行性能では、「ダウンサイザーが納得する走行性能を実現しています」とし、「(ダウンサイザーは)軽自動車イコール走らないという気持ちがありますので、そこを払拭する走行性能と同時に、ターボについては、既存の1リッターから1.3リッターを燃費でも走りでも上回っているのが特徴です」と強調する。

さらに、安全装備も、「軽に乗るのは不安だというユーザーに対しても、VSA、ヒルスタートアシスト、エマージェンシーストップシグナル(軽初)を全車適用、上級グレードにはサイドカーテンエアバッグを標準装備し、ユーザーに安全という価値を提案していきたいのです」と述べる。

また、使い勝手についても手を抜いていない。「『N-BOX』と同様のプラットフォームを利用することで、センタータンクレイアウトの構造となり、これによって、広い室内や荷室、ユーティリティ性能を実現しています。従って『フィット』と同じような機能が全てできると考えています」と語った。

ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》 ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》 ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》 ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》 ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》 ホンダ・N-ONE《撮影 内田俊一》 ホンダ・N-ONE発表会《撮影 内田俊一》 ホンダ・N-ONE発表会《撮影 内田俊一》