三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》

三菱『アウトランダー』がモデルチェンジした。そのデザインの方向性のひとつに、先代よりも車格を上げるというものがあった。

同社デザイン本部デザイン部エキスパート(デザイン担当)の金澤秀晃さんは、「先代の振り返りを行ったうえで、これからのSUVはどうあるべきかを考えました。その結果、とりわけ先進国では、例えば、『パジェロ』のような本格的な大型のRVがだんだん売り辛くなっていくだろうと思ったのです」という。そこで、「このアウトランダーが、仕向地によっては三菱のSUVのラインナップの中では割とトップグレードになる市場も出てくるだろうと考え、割と初期の段階から先代に比べて車格を上げるという方向性がありました」と述べる。

金澤さんは、「この方向性はグローバルに受け止めてもらいやすいテーマでしたし、もともとの先代のパッケージング自体が割とよく出来たものだったので、良いところは踏襲しつつ、軽量化に寄与するところは思い切って選択しながらも、開発チーム内で明快なビジョン、方向性の共有が早い段階から出来ていたのです」という。

そして、「SUVは三菱の得意分野だと思っていますので、PHVにしても、空力にしても、他社とは違うキャラクターを一番出しやすいカテゴリーだと思います。従って、そこは腕の振るいがいのあるクルマだったといえるでしょう」と語った。

三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱自動車工業デザイン本部デザイン部エキスパート(デザイン担当)の金澤秀晃さん《撮影 内田俊一》