アキュラ ILX ストリートビルド

ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは10月30日(日本時間10月31日未明)、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー12において、コンセプトカーのアキュラ『ILX ストリートビルド』を初公開した。

同車は2012年2月、シカゴモーターショー12でデビューしたアキュラ『ILX』がベース。ILXは新型ホンダ『シビック』のアキュラ版で、アキュラブランドの新たな入門小型4ドアセダンだ。

アキュラは今回のSEMAショー12において、ILX のレーシングカーを初公開。これとは異なり、ILXストリートビルドは、公道走行を前提にしたILXの高性能モデルの提案だ。カスタマイズは、Evasiveモータースポーツ社が中心になって手がけた。

2.4リットル直列4気筒ガソリンエンジンには、CTエンジニアリング製のスーパーチャージャーキットを追加。吸排気系にもチューニングを施した。この結果、最大出力は250psと、ノーマル比で約50psのパワーアップを果たす。

足回りは、テイン製のサスペンションとストップテック製の大容量ブレーキで強化。タイヤはピレリ「Pゼロ」で、サイズは235/35ZR19を履く。アルミホイールはRAYS製だ。

アキュラの純正エアロキットも採用。フロントスポイラー、サイドスカート、トランクスポイラーなどを装備して、スポーティさを増している。

アキュラ ILX ストリートビルド アキュラ ILX ストリートビルド アキュラ ILX ストリートビルド アキュラ ILX ストリートビルド アキュラ ILX ストリートビルド アキュラ ILX ストリートビルド