マルチスズキ・エルティガ(デリーモーターショー12)《撮影 土屋篤司》

インド新車市場でトップシェアを誇るスズキの現地法人、マルチスズキは10月30日、2012年度7‐9月期の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は前年同期比8.5%増の807億0100万ルピー(約1190億円)と、7-9月期の27.5%増から伸びが鈍化。また、純利益は22億7500万ルピー(約34億円)にとどまり、前年同期に対して5.4%のマイナス。四半期としては、5期連続での減益となった。

2012年度7‐9月期の新車販売台数は、23万0376台。その内訳は、インド国内販売が前年同期比5.6%減の20万9954台。輸出は31.7%減の2万0422台と、ともに減少する。

7‐9月期決算が増収となった要因について、マルチスズキは、「『エルティガ』やディーゼルエンジン車の販売が好調だったため」と説明。しかし、2012年7月、インド・マネサール工場で従業員の暴動が発生し、同工場は約1か月、生産を停止。その影響が、7‐9月期決算に表れた形だ。

マルチスズキ・エルティガ(参考画像)