新型トヨタ・アバロン

トヨタ自動車の北米における研究開発・製造統括管理会社「Toyota Motor Engineering & Manufacturing North America(TEMA)」は、北米生産累計2500万台達成を記念し、「Toyota Motor Manufacturing, Kentucky(TMMK)」にて式典を行った。

式典には、ケンタッキー州ベシア知事ら政府関係者を来賓に迎え、TEMAのセントアンジェロ執行副社長、米国トヨタ自動車販売のフェイ副社長らが出席。式典の席上、セントアンジェロ執行副社長は「トヨタの北米生産累計2500万台達成は、北米の何千人もの従業員と何百ものサプライヤーのたゆまぬ努力によるもの。北米で最高のクルマづくりを行う皆様に感謝し、今後も発展を続けていきたい」と語った。

トヨタは1986年に米国で生産を開始し、2002年に北米生産累計1000万台、2009年に2000 万台に到達。今年10月末に2500万台を達成した。これまでの北米生産に関する総投資額は約240億ドル、総雇用は約36万5000人となっている。

また、TMMKでは同日、北米でデザイン、設計された新型『アバロン』の生産を開始。今回新たに導入されたハイブリッドモデルのEPA燃費は、プレミアムミッドサイズセダンクラストップの40マイル/ガロン(約17km/リットル)を実現している。

なお、北米では『アバロン』『カムリ』など12車種を生産しており、北米販売車の約7割を現地生産している。

トヨタ・カムリ北米仕様