GARMIN nuvi nuvi2582R

GARMINのPND「nuvi(ヌヴィ)」シリーズの最新モデル『nuvi2582R』は、ドライブレコーダーを組み合わせるという力技に打って出た意欲作だ。

本機には「GDR20」というドライブレコーダーが同梱されている。その車両への固定はnuviシリーズ共通のクレードルにアームを追加して取り付け、ナビ本体とケーブルで接続して電源の供給、データのやりとりをする。ボディこそ別々だが、システムとしては完全に独立しているわけではなく、映像のモニターと各種設定、操作はナビ本体がなければできない。

GDR20のハードウエアスペックを紹介しておくと、大きさは縦、横、厚さとも約45ミリほどの大きさで、重さは52.3グラム。特に小さくはないが、ものものしい雰囲気でもない。CMOSセンサーはHD(1280×720画素)の撮影が可能で、レンズはF2.0と非常に明るい。最大32GBのカードに対応するMicroSDHCスロットを備え、本体には8GBのカードも付属している。さらに、Gセンサーも内蔵している。

取り付けはナビ本体のクレードルを利用するので、基本的にはまったく問題ない。ただ、カーナビとして使いやすい位置、ダッシュボードの手前の方に取り付けると、カメラの映像の下半分はダッシュボードということになりかねない。カメラの映像はディスプレイに映し出せるので、それを見ながら位置決めをする必要がある。

また、別売オプションとしてカメラユニット用の延長ケーブルが用意されている。このケーブルにはGDR20を単体でマウントできる吸盤付きのクレードルも同梱されており、GDR20はウインドウ上部、ナビ本体はダッシュボード上に設置することが可能だ。

GARMIN nuvi2582R GARMIN nuvi nuvi2582R GARMIN nuvi nuvi2582R GARMIN nuvi nuvi2582R 従来のクレードルにアームが追加され、そこにカメラGDR20が取り付けられる。 2582Rの本体はいつもどおりのnuviシリーズのPNDだ。 車に取り付けた状態を車外から見る。普通のカーナビと違うことはわかるが、威圧感を与える程ではないだろう。 上面は電源ボタンとワンセグ用のロッドアンテナがある。中央の凹みはクレードルへの固定のため。 ワンセグのロッドアンテナを伸ばしたところ。 エコメーターという機能があり、省燃費走行の手助けをしてくれる。 メインメニューの画面。通常は「目的地検索」をタップして目的地をセットする。 「設定」メニューの内容。メインメニューをカスタマイズできるなど、意外な機能も搭載されている。 曲がるポイントが近づくとこのように自動的に地図がズームアップする。そのため交差点拡大図はない。 大きな交差点やインターチェンジ、ジャンクションではこのようなイラストも表示される。 交差点拡大図はないが、交通案内板はこのように表示される。画面下にレーン表示もあることに注目。 GDR20は走行中常に録画をしており、その画面をこのようにモニターすることもできる。 ブルートゥースにより電話をワイヤレス接続してハンズフリー通話をすることができる。 GARMIN nuvi 2582R GDR20はGセンサーなどを内蔵しているためチャット用のカメラなどと比べるとボリュームがある。 側面にMicroSDHCスロットがあり、ここに挿したカードに動画が保存される。 底面に2つのボタンがあり、録画の開始、停止、ファイルの保護などができる。ただ、車に取り付けたらこのスイッチにはほとんど触れないし、触る必要もない。 裏面にはスピーカーとワンセグアンテナ端子がある。 ワンセグのロッドアンテナを伸ばしたところ。