29日午前10時30分ごろ、岐阜県富加町内の東海環状自動車道で、対面通行区間を走行中の軽トラックが対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた乗用車と正面衝突する事故が起きた。この事故で軽トラック側の2人が死亡している。

岐阜県警・高速隊によると、現場は富加町加治田付近で片側1車線の対面通行区間。両車線の間は樹脂製ポールで区分されている。軽トラックは斜行するように対向車線側へ逸脱。直後に対向車線を順走してきた乗用車と正面衝突したとみられる。

軽トラックは運転席部分が大破し、大阪府吹田市内に在住する75歳の男性と、73歳の女性が全身を強打してまもなく死亡。乗用車を運転していた美濃加茂市内に在住する29歳の男性も打撲などの軽傷を負っている。

警察では軽トラックがハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。