BMW・アクティブハイブリッド3《撮影 内田俊一》

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)から発売された、BMW『アクティブハイブリッド3』は、高効率とパワーを両立させた、エフィシェントダイナミクスを具現化したモデルであるという。

そのパフォーマンスは、「電気モーターが駆動力をアシストするブースト機能により、0-100km/hの加速性能は5.3秒と非常に高い運動性能を達成しています」と話すのはBMWマーケティング・ディビジョンプロダクト・マネジメント・マネジャーの岡田祐治さん。「ハイブリッドシステムですので、電気モーターだけでのゼロエミッション走行も可能です」という。また、「高性能のリチウムイオンバッテリーを使用することで、最長で3から4kmの距離をゼロエミッション走行することが可能です。また、最高速度に関しては、75km/hまでゼロエミッション走行が可能です」と述べる。

「さらにゼロエミッション走行を補完する意味で、コースティング機能があります」。これは走行時にエンジンがストップしたまま走行出来る機能で、「速度域は80km/hまでであれば、アクセルオフするとエンジンが停止します。さらに、ドライブモードをエコプロモードに選択すると、160km/hまでコースティング機能が作動します。この機能によって、燃料消費量とともにCO2の排出量を削減しているのです」

トランクルームについて岡田さんは、「これまでハイブリッドシステムは大きなバッテリーをトランクに搭載するので、スペースが限られるという欠点がありました。しかし、このアクティブハイブリッド3では、リチウムイオンバッテリーをトランク床下に配置することで、普通のセダン並みの、390リットルのラゲッジルーム容量を確保しています」という。さらに使い勝手を向上させるために、「40:20:40の分割可倒式リヤシートを装備し、長いモノや大きいモノはこれを活用して収納出来ます。ハイブリッドモデルで、分割可倒式リヤシートがあるセダンはかなり珍しいでしょう」とする。

バリエーションは5モデル。「スタンダードの価格は699万円。さらに、『1シリーズ』、『3シリーズ』で好評のデザインラインはスポーツ、モダン、ラグジュアリーを用意。さらにMスポーツモデルもあります。699万円の価格は、先代の『335i』と比較するとわずか13万円アップですので、非常に戦略的な値付けとなっています」と語った。

BMW・アクティブハイブリッド3《撮影 内田俊一》 BMW・アクティブハイブリッド3《撮影 内田俊一》 BMW・アクティブハイブリッド3《撮影 内田俊一》 BMW・アクティブハイブリッド3《撮影 内田俊一》 BMW・アクティブハイブリッド3《撮影 内田俊一》 BMW・アクティブハイブリッド3《撮影 内田俊一》 BMW・アクティブハイブリッド3《撮影 内田俊一》 BMW・アクティブハイブリッド3《撮影 内田俊一》 BMW・アクティブハイブリッド3《撮影 内田俊一》 BMW・アクティブハイブリッド3《撮影 内田俊一》 BMW・アクティブハイブリッド3《撮影 内田俊一》