富士重工業・吉永泰之社長(参考画像)《撮影 小松哲也》

富士重工業(スバル)の吉永泰之社長は10月30日の決算発表で、過去最高ペースが続く米国新車販売について「3つの要素がかみ合っている。しばらくはこの好調が維持できると考えている」と述べ、持久力に自信を示した。

スバル車の米国販売は暦年ベースで、リーマン・ショックが起きた2008年から続けて前年を上回っている。12年についても30日の第2四半期決算発表時点で前年実績(26万7000台)を超えており、「恐らく33万台レベルに行きそうだ」(吉永社長)という。30万台の突破は初めてだ。

快走について吉永社長は、3つの要素を挙げている。第1は積極的な「商品展開」だとし、主力の『レガシィ』などがいずれも好評を得ている。次いで価格競争に巻き込まれない「マーケティング政策」だと指摘しており、北米では業界最少額レベルのインセンティブで戦えているという。

3番目としては「販売体制の強化」を挙げる。現在、全米で620店を展開しているが、「この5年で約3分の1が入れ替わった」そうだ。とくにリーマン後は、米国メーカーの有力ディーラーがスバルディーラーへと転じたケースが多く、販売力の底上げにつながった。こうした好調の連鎖をを持続するため、吉永社長は「生産体制や物流などインフラ面の強化も進めたい」と語った。