ヒュンダイ エラントラGT コンセプトのティーザースケッチ

韓国ヒュンダイモーターの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは10月30日(日本時間10月31日未明)、ラスベガスで開幕するSEMAショー12に、『エラントラGTコンセプト』を出品する。

エラントラGTは、米国で人気の小型4ドアセダン、『エラントラ』の5ドアハッチバック仕様。このエラントラGTをベースに、ヒュンダイとBISIMOTO ENGINEERING社が共同でカスタマイズに取り組んだ。

1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジンには、ターボチャージャーの追加をはじめ、ピストン、コンロッド、カムシャフト、インジェクター、インテークガスケットなどをレース用に交換。この結果、最大出力600ps以上という驚異的なパワーを絞り出す。

サスペンションやブレーキ、クラッチもレース仕様。室内には、ロールケージやバケットシートが装備され、モータースポーツ参戦への準備は万端といった印象を放つ。

なお、ヒュンダイはエラントラGTコンセプトのティーザースケッチを1点公開。実車は、日本時間10月31日未明に開幕するSEMAショー12の会場で、初公開される。