フィアット500 カフェレーサーの製作過程

フィアットの米国法人、フィアットUSAは10月30日(日本時間10月31日未明)、ラスベガスで開幕するSEMAショー12において、フィアット『500カフェレーサー』を初公開する。

同車はフィアット『500』をベースに、軽量化を重視したカスタマイズを施しているのが特徴。フィアットによると、かつて二輪車のユーザーが部品を取り外して軽量化し、パフォーマンスを引き上げていたことをモチーフにしているという。

500カフェレーサーでは、内装材を省いたり、窓ガラスを樹脂製に変更したりすることで軽量化。その上で、サスペンションを強化し、サイドエグゾーストやバケットシートなどを装備する。

なお、フィアットは製作中の500カフェレーサーの画像を1点、公開している。