ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》

アメリカで9代目ホンダ『アコード セダン』に続き10月15日に発売された北米専用モデルの『アコード クーペ』。

セダン同様、新型はホンダのベストセラーミッドサイズセダンとしての性格、ポジションをより際立たせる方向へと進化。歴代のどのアコードよりも洗練されラグジュアリーで、装備とパフォーマンスも適正に向上している。

従来モデル比でホイールベースと全長は僅かに短くなり、ホイールベースが2725mm(-15mm)、全長4806mm(-20mm)、全幅1849mm(+-0mm)、全高1435mm(+3mm)とコンパクト化されているが、逆にキャビンスペースとトランクスペースは拡大。 フロントサスペンションはこれまでのダブルウィッシュボーンからより軽量なマクファーソン・ストラット方式に変更され、乗り心地とハンドリングの向上とともに、室内のNVHの低減が図られた。

2種類のガソリンエンジンは4気筒2.4リットル直噴16バルブDOHC i-VTEC 2.4リットル(185ps、25.0kgf・m)、と3.5リットルV6 SOHC i-VTEC(278ps、34.9kgf・m)。トランスミッションは、4気筒には6速MTかパドルシフター付きCVT、V6にはパドルシフター付き6速AT又は6速MTが組み合わされる。

4気筒エンジン搭載モデルはLX-S/EX/EX-Lの3グレードで、V6エンジン搭載モデルにはEX-L V6の1グレード設定。安全面では、カメラを用いた前面衝突警告装置「Forward Collition Warning(FCW)」とアダプティブ クルーズ コントロール(ACC)、助手席側ミラーに設置したカメラを使ったブラインドスポットディスプレイの「Honda LaneWatch」や車線逸脱警告装置の「Lane Departure Warning(LDW)」等を新たに設定している。

ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》 ホンダ アコード クーペ(北米仕様)《撮影 ケニー中嶋》