日本自動車車体工業会が発表した2012年上半期(4-9月)の車体工業会会員生産実績は、前年同月比35.0%増の120万3657台と大幅に伸びた。

前年同期は東日本大震災の影響で自動車生産台数が低迷したため、反動があったのに加え、エコカー補助金制度の効果で国内販売が好調だったことから大幅な伸び率となった。

国内向けは同40.8%増の67万4455台、輸出が同28.3%増の52万9202台だった。

車種別では、乗用・小型商用・軽は同36.4%増の107万2808台だった。バスは同16.2%増の5万7791台、特装が同57.8%増の2万5059台、バンが同27.8%増の2万7381台、平ボデー・トラックが同20.3%増の1万2193台、特種が同21.9%増の5419台だった。トレーラーは同4.6%減の3006台と前年割れだった。