シボレー カマロ Hot Wheels エディション

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは10月30日(日本時間10月31日未明)、ラスベガスで開幕するSEMAショー12において、『カマロHot Wheelsエディション』をワールドプレミアする。

「Hot Wheels」(ホットウィール)といえば、米国の玩具メーカー、マテル社の有名ミニカーブランド。1968年の発売以来、累計40億台を製造し、ダイキャストミニカーとしては世界ナンバーワンの販売実績を誇る。

このHot Wheelsとシボレーがタイアップして生まれたのが、カマロHot Wheelsエディション。シボレーは、「ミニカーのHot Wheelsと全く同じ仕様の実車は、世界初」と説明する。

さらに注目すべきは、このHot Wheelsエディション、2013年初頭から全米のシボレーディーラーで販売されるという点。クーペとコンバーチブルに用意され、ベース車の価格にプラスして、6995ドル(約56万円)のパッケージオプションという形で販売される。

その内容は、キネティックブルーのボディカラーや、高性能グレードの「ZL1」と同じエアロパーツなど。足元は21インチのアルミホイールで引き締められ、フロントフェンダーやリア、レザーシートには「Hot Wheels」のロゴが添えられた。

シボレー カマロ Hot Wheels エディション シボレー カマロ Hot Wheels エディション シボレー カマロ Hot Wheels エディション シボレー カマロ Hot Wheels エディション シボレー カマロ Hot Wheels エディション シボレー カマロ Hot Wheels エディション