クラリオンが発表した2012年9月中間期の連結決算は、経常利益が前年同期比25.7%増の28億6300万円と増益だった。

売上高は同13.1%増の909億5800万円と大幅増収となった。国内の新車販売台数がエコカー補助金効果で好調に推移し、メーカーオプションのカーAVCの販売が好調だった。北米やアジア・豪州向けも伸びた。

収益では、増収効果で営業利益は同20.5%増の29億1200万円となった。当期純利益は同39.2%増の24億100万円だった。

通期業績見通しは、エコカー補助金制度終了による国内新車販売の反動減で、メーカーオプションのカーAVCの販売が低迷する見通しや市販向けの競争激化を織り込んで下方修正した。

売上高は前回想定より100億円マイナスの1800億円、営業利益が30億円マイナスの58億円、経常利益が25億円マイナスの52億円となる見通し。最終利益は62億円を予想していたが40億円にとどまる見通し。