三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》

三菱自動車から発売された、新型『アウトランダー』は、「環境」「安全」「上質」をキーワードに開発された。

その上質について、同社執行役員プロダクトエグゼクティブの岡本金典氏は、「一目見ただけで存在感や質感の高さを感じさせるデザインを目指し、ワンランク上の車格を感じさせるボリューム感のあるエクステリアデザインとしました」と述べる。

そして、インテリアの上質感は、今回の目玉のひとつだという岡本氏。「分割ラインのないシームレスなインパネには上面からフロントドアにまでソフトパッドを採用し、見た目と触感を格段に向上させました」。また、「大型液晶モニター付きの新作コンビネーションメーターや、ピアノブラックのセンターパネルと、それを引き立たせるシルバーのアクセントライン。さらに助手席正面やドアトリムに施したアクセントパネルなど、細部にまで質感にこだわりました」という。

機能性と快適性能も向上した。「アウトランダーの特徴である3列目のシートは、乗り心地を向上させるために120mm横幅を拡大しました。また、クッションの厚みを上げることで、座り心地の良いシート実現しています」とする。ラゲッジスペースも、「2名乗車時の荷室を、先代から335mm拡大(前後長)しました。アウトランダークラスのSUVでは初となる、便利なエレクトリックテールゲートも新たに採用しています」

最後に岡本氏は、「新型アウトランダーは、先代モデルから乗り換えられるユーザーはもちろんのこと、三菱のSUVを初めて購入されるユーザーにも、まさに良い買い物をしたと思ってもらえる商品に仕上がっていると自負しています」と語った。

三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱・アウトランダー《撮影 三菱自動車》 三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱・アウトランダー《撮影 三菱自動車》 三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》