佐川急便仕様のライク-T3

SGホールディングスグループの佐川急便は、宅配便の集荷・配達用途に3輪電気自動車(3輪EV)2台を京都で試験導入した。

今回導入した3輪EVは、光岡自動車とユアサM&Bが宅配サービス等での活用を想定し開発した新型車『雷駆T3』で、SGホールディングスグループで車両整備・新車販売・ボディ販売事業を展開するSGモータースが、集荷・配達に適した専用ボディを製造した。

試験導入するのは京都市中京区一帯。細い道路が多く、多数の商店やオフィス、住居が立ち並ぶエリアで、同社では現在、最寄りのサービスセンターから台車等で集荷・配達を行っている。3輪EVは、コンパクトで機動力があり、走行中に排気ガスを出さないため、環境面はもちろん、エリア内での効率的な集荷・配達での効果も見込んでいる。

また同社では現在ドライバー職を中心に女性従業員の登用を推進しているが、トラックの運転に抵抗がある女性への新たなアプローチにもつなげていきたいとしている。

同社では今後1年をめどに各種データを取得しつつ、効率的かつ環境負荷の少ない輸送モードの研究・開発に取り組んでいく。

光岡・雷駆-T3《撮影 内田俊一》 SGモータース代表取締役 社長 谷本育生氏と佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》