東風ホンダ・シビック

ホンダが10月29日に発表した2013年3月期の第2四半期累計(4-9月期)決算は、日本や北米の4輪車販売が好調で連結営業利益は前年同期比3.7倍の2768億円と大幅な増益になった。一方で中国の販売減などにより通期の業績予想は下方修正した。

中間期の4輪車販売は、東日本大震災の影響を受けた前年から大幅に回復し、53%増の199万5000台となった。売上高は30.7%増の4兆7071億円、純利益は2.3倍の2139億円だった。

しかし、通期予想は「中国情勢の影響や欧州、中南米での事業環境の変化による販売減」(池史彦専務執行役員)などを理由に下方修正。営業利益は前回より1000億円少ない5200億円(前期比2.2倍)、純利益は950億円少ない3750億円(77%増)に見直した。

中国の4輪販売計画は期首時点の75万台を62万台と13万台下方修正した。池専務は「日本からのKD部品の中国向け輸出の減少や、米国製アキュラブランド車の中国での販売減などにより、中国の販売での影響は、営業利益の下方修正の5分の1に当たる200億円になる」と説明した。

広汽ホンダ・アコード