トヨタ FJクルーザーのカスタマイズコンセプトカー、FJ-S

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は10月25日、ラスベガスで10月30日に開幕するSEMAショー12において、『FJクルーザー』のカスタマイズコンセプトカー、『FJ-S』を初公開すると発表した。

FJ-Sの最大の特徴が、TRD(トヨタ・レーシング・デベロップメント)によるチューニング。エンジンはスーパーチャージャーで過給される。

4.0リットルV型6気筒ガソリンエンジンには、TRD製のスーパーチャージャーを追加。最大出力は345ps/3500rpm、最大トルクは47kgm/3500rpmを獲得する。ノーマルの最大出力260ps、最大トルク37.5kgmに対して、85ps、9.5kgmもの上乗せだ。

もちろんパワーアップに対応して、足回りを強化。ビルシュタイン製のダンパーを装着。17インチのTRD製アルミホイールには、BFグッドリッチ製のオールテレーンタイヤを組み合わせる。

このほか、米国で人気の砂漠レース、「バハ」(Baja)を意識したカスタマイズを実施。オフロード走行を前提とした各種アイテムが装備された。

SEMAショーは毎年秋、米国ラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタマイズカーの一大イベント。日本のオートサロンとドイツのエッセンショーと並んで、世界三大チューニングカーショーと呼ばれる。

トヨタ FJクルーザーのカスタマイズコンセプトカー、FJ-S トヨタ FJクルーザーのカスタマイズコンセプトカー、FJ-S トヨタ FJクルーザーのカスタマイズコンセプトカー、FJ-S トヨタ FJクルーザーのカスタマイズコンセプトカー、FJ-S トヨタ FJクルーザーのカスタマイズコンセプトカー、FJ-S トヨタ FJクルーザーのカスタマイズコンセプトカー、FJ-S トヨタ FJクルーザーのカスタマイズコンセプトカー、FJ-S