WEC 第8戦 上海

28日に開催された、世界耐久選手権(WEC)の今シーズン最終戦“上海6時間レース”は、アレックス・ブルツ/ニコラス・ラピエール組のトヨタ『TS030 HYBRID』が優勝。トヨタは、前戦の富士に続き終盤2連勝でシーズンを締め括った。

ポールポジションからスタートしたTS030 HYBRIDは、2位のアウディに58秒570の差でチェッカーを受けた。

2位は、アウディのトム・クリステンセン/アラン・マクニッシュ組『R18 e-tron quattro』、3位は、同じくアウディのマルセル・ファスラー/アンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ組『R18 e-tron quattro』であった。

優勝したトヨタ『TS030 HYBRID』は、WEC全8戦の中で6戦に参戦し3回の優勝と、デビューシーズンの成績を残した。また、ブルツ選手とラピエール選手のドライバーズポイントは3位。

WEC 第8戦 上海 WEC 第8戦 上海 WEC 第8戦 上海 WEC 第8戦 上海 WEC 第8戦 上海 WEC 第8戦 上海 WEC 第8戦 上海 WEC 第8戦 上海 WEC 第8戦 上海 WEC 第8戦 上海 WEC 第8戦 上海 WEC 第8戦 上海